日本のバドミントンチーム

バドミントン日本代表は、日本バドミントン協会によって選出されます。

日本代表のナショナルチームにはA代表、B代表があり、それぞれ男女別にチームが結成されます。各チームには13人以上の選手が所属しています。

近年の結果

2020年2月にフィリピンのマニラにてアジア団体選手権が開催されました。日本代表チームは男女ともに決勝トーナメントの「ノックアウトラウンド」に出場しましたた。

女子チームには世界ランク3位の山口茜選手や髙橋沙也加選手などが所属し、決勝戦で韓国に見事勝利、2大会連続の金メダルを獲得しました。

男子の結果は3位となり、2016年以来のメダル獲得となりました。

このように日本のバドミントンのナショナルチームはアジアの強豪であり、多くの大会で好成績を残しています。