バドミントンの日本リーグ

バドミントン日本リーグは日本のバドミントンの実業団チーム対抗リーグ戦のことを指します。バドミントン日本リーグは1979年から開催されており、毎年秋から年末にかけて開催されています。

バドミントン日本リーグの1部リーグはBADMINTON S/J LEAGUE、2部リーグはS/J LEAGUE Ⅱと呼ばれています。また、日本リーグの下部にあたる3部リーグとしてチャレンジリーグも設置されています。

所属チーム

バドミントン日本リーグには日本ユニシス、NTT東日本、トナミ運輸、トヨタ自動車、ヨネックス、再春館製薬所などの実業団チームが参加しています。

これまでの最多優勝は、男子がNTT東日本の18回、女子が三洋電機の16回となっています。

ナショナルチームには、これらの実業団から優秀な選手が召集されます。